美肌エステには「ケミカルピーリング」

エステのプログラムとしてよく聞かれるのが「ケミカルピーリング」です。ケミカルピーリングとは酸を使って古い角質を取り除く施術方法です。しかしもちろん、酸を使うといっても肌をどんどん溶かすような危険な方法ではなく、肌表面のみに浸透し老化した角栓のみを取り除くよわい力のものですので心配はいりません。
エステティックサロンで「ケミカルピーリング」に使われているのは、一般的はフルーツ酸とよばれる「AHA」です。この「AHA」酸とは表面の皮膚(0.2mmほど)だけ浸透するもので、肌への負担はごくごく少なくなっています。繰り返し何度か施術を施すことで自然に肌の調子が整ってゆきます。
「ケミカルピーリング」に使われるもう少し強い酸として「TCA」があります。「TCA」は「AHA」よりも皮膚に浸透しやすい性質があり、しわとりなどにより高い効果があります。にきびやにきびあと、毛穴の開き、しみ、しわ、くすみの解消など肌全体に効果があるため、「ケミカルピーリング」は多くのエステサロンで行われています
「ケミカルピーリング」の「ピール」とは(peel=はぐ)という意味を持っており、老化した角質や毛穴につまった角栓をはぎとって、新しい角質を再生させてくれます。古い角質を除去すると肌の新陳代謝が高まるので、肌のサイクルを正常にすることができます。日焼けや加齢でダメージをうけた肌の新陳代謝を活発にするのに大変有効な作用があります。

Navigation